Skip to main content

Posts

時間が成長させてくれるもの

家の冷蔵庫にはいろいろなものが入っている。
野菜やご飯の残り、調味料など。
放っておくとカビが生えたり腐ってしまう。
物というのは置けば置くほど悪くなっていく。
機械にしたって物にしたって基本的には悪くなっていくし、壊れてしまう。
当たり前の事だけれど…。

逆に置けば置くほど増えていくもの、良くなっていくものがある。
一番わかりやすいものはお金。銀行で置いておくと増えていく。

他に何があるのだろうか。

私は発酵食品だと思っている。
味噌やお酒など寝かせると寝かせるだけ美味しくなっていく。

私はそこに魅力を感じるのである。



他に何があるのか。

一つ思いついたのは、人である。

人もきちんと見てやって教えていけばどんどん良くなっていく。

そういったものが資産と言われるものなのかもしれない。



もう一つ資産にしたいものがある。

それは、土である。

現代の農業は昔から積み上げてきた土の資産を食いつぶす農業である。
化学肥料も大昔の資産、油、から製造している。
化学肥料や農薬によって食料生産が安定し、増収してきた。
それらの恩恵は受け入れなければならない。
ただ、それだけに頼っていれば、土壌はどんどん悪くなっていく。一般的な物と同じである。
それを何とかしたい。

土壌をどう良くして資産に変えていくか。
そのためには微生物や植物、人の力を投入していかなければならない。
それにはお金と時間、労力が非常にかかってしまう。
それができる農業経営をしていきたい。
Recent posts

鍬を振りながら思う

裏庭で家庭菜園をやっている。
趣味でやる農作業ほど面白いものはない。
お金を勘定しないで自由に植えて生長を見て収穫が楽しめる。
素晴らしいことだ。

その家庭菜園の耕うんを自分でやっている。
機械を使わないで鍬でやっている。
実際に自分でやっているといろいろな発見がある。

最初に耕したときは土が非常に硬かった。開墾作業。
そして、野菜を栽培してその後の耕うん作業。土が柔らかくなっている。
土が良くなったのか野菜や雑草の根が土の塊を壊してくれたのか。もしくは灌水の水のおかげかもしれない。比較的楽に耕うんできる。

写真の畑は以前、インゲンマメを植えた。それが終わって一か月くらいほったらかしにしていた。
それでもそこそこに土が柔らかい。何よりも乾季でほとんど雨がないにもかかわらず、表層から少し下は水分が残っている。
以前、耕うんして畝立てしたところは乾燥している。
ひょっとしたら、耕うんというものは土壌の水分保持という観点からすると必要ないのだろうか。と自然農法に無理やりつなげてしまった。

果たしてどうなのだろうか。
ここ最近、福岡正信さんと自然農法とひっつけたくなる事象が続いている。
種子の我慢強さや今回の土の中のこと。
自然はやっぱり自然なのだ。

一方で、農薬や化学肥料を使った農業もやっている。
やはり、それらを使うことで簡単に収量を上げることができ、簡単に病虫害防除ができる。
ただ、その一方で、それら商品は高価なものが多い。
しかも、農薬に関していえば、強いものは一般的に高価である。しかし、そればかり効くからといってずっと使っていれば虫の方がそれに対抗して効かなくなってくる。イタチごっこである。
ホワイトフライがトマトに大量発生した時は最終的にはあきらめた。最初は殺虫剤をいろいろ使って頻繁に使ったが一向に減る気がしない。効いていないのか効いているが100%でなく、生き残った者が繁殖したのか。どっちにしても防除できなかったわけだが殺虫剤は無駄なものではないのかと思ってしまった。家庭菜園のトマトにホワイトフライが大量発生した時は木酢を散布してほったらかしにした。とするといつの間にかいなくなった。殺虫剤は虫を殺すことで虫の生きる力を呼び覚ますのかもしれない。

また、子どもが畑でトマトやイチゴを取って食べる。言っても聞かない。そうすると、うかつに農薬を散布できなくなってし…

雨後の植物の生長を見た。

現在、緑肥作物の生育試験を行なっている。
一月の中旬ごろに播種したものである。
当初、発芽率が良くなかった。2年ものの種子であったので仕方ないと思っていた。発芽試験でもそんなに発芽率が良くなかったからだ。

数日前に雨が降った。まだ3月なので早い雨だなと感じていった。

雨が降って土が柔らかくなったので、この緑肥作物の畝を除草していた。
そうすると、小さな芽がたくさん出ているではないか。最初、雑草の芽が出たと思ったが、この緑肥作物の芽ではないか。

数日前の雨で芽吹いたのだろう。
ただ、数週間前に播種した種子だ。しかも古い種子。
皮肉なことに最初に発芽した時より数が多いのだ。

自然界の灌水、雨、というものは特殊なものなんかもしれない。稲作でもどれだけ地下水を灌水させても雨後の生長と同じにはならない。雨後の稲はどんどん伸びる。
何が違うのか。
養分なのか。
上から来る刺激なのか。

今回の緑肥作物の種子も先の雨で大きくなれると思ったのだろう。
自然の中にはまだまだ分からないことがたくさんある。

昨年取り残した落花生も一つだが大きくなっている。種取して播種したものは全く出てこない。
面白いものだ。

こんなことを目の当たりにしていると、福岡正信さんの自然農法を思う。
農法としては非常に素晴らしいものだが農業としてはどうなのか。
ただ、そこに足を踏み入れてみたくなる体験を今回した。

2018年

今年ももう半月経ってしまいました、あっという間に。
昨年末からご無沙汰ではありますが、まだ生きています。

なかなかうまくいかず終わった2017年ですが、新しい年になり、心機一転頑張ります。

ニラの圃場の引っ越しが上手く進み、新しい株がどんどん生長しています。この圃場から収穫も始まりました。まだ株が大きくなく、収量が少ないのですが、これからしばらくここにお世話になります。

以前の圃場からの収穫もありますが、
なかなか大きく生長しない。
欠株が多く、雑草が多い。
等生産性が良くない状況が続いています。
早く全部引っ越しさせたいのですが、出荷を切らせてはいけないので、あともう少し頑張ってもらいます。
新圃場の収穫の見込みがつけば、旧圃場からすべて引っ越しさせる予定です。



どこか遠くへ引っ越しさせたい夢もあります。
今年中にできるかな。

もち米などの収穫

今年の雨季作、最後の収穫終えました。
最後はもち米でした。
もち米は、一般のイネに比べて収穫までの期間が長いのです。そして、丈も大きくなります。
今回のもち米は150㎝くらいになりました。
これらのことから倒伏の危険性が随分高くなります。

今回は半分以上倒伏しましたが、ある程度の収穫はできました。
一部、完全に水に浸かった場所があり、そこは後日手刈りをしなければいけないのですが、昨日雨が降らず、本日も小雨で切り抜けられたので、またまたお天気に恵まれました。ラッキーですね。

明日からモミの乾燥をします。
毎作、天候など栽培条件が違うので全く同じものが生産できるということはないので、実際食べてみない事には正確なことは言えませんが、このもち米は美味いです。
一般にスーパーなどで売られているもち米よりも粒が大きくてモチモチ度が満点です。

おはぎや赤飯、お餅などいろいろ作れてしまうので面白いおコメです。
ご注文等あればご連絡ください。



ちなみにタイトルがもち米”など”…としました。
私はもち米しか収穫しませんでしたが、子どもたちはいろいろなものを獲っていました。


その一部です。
ネズミ。
そのほかにも鳥(名前を知らないのですが、あんまり遠くまで飛ばない鳥で30㎝くらい。)
やカエルを獲っていました。
毎回、よく見る光景ですが、今回は豊作のような気がします。


大人も混じって俊敏に走り回る光景は最高におもしろいです。
いつものんびりの彼らがこの時ばかりは全力疾走します。しかもぬかるんだ水田で。
子どもの身体能力はすごいです。日本の子どもでは収穫物は0でしょう。
こうやって子どもの時から足腰を鍛えないといけないですね。

お餅を食べたいが為にモチ米栽培しています。

以前、フィリピン人から譲り受けたモチ米の種子。
名前も知らない品種です。
今作で4代目かな。毎年栽培しています。
儲かるからというわけではありません。
このモチ米、モミが非常に大きいのです。おコメにしても大きく丸い品種なのです。
さらに、お餅を作れる素晴らしいおコメです。
自分がお餅をフィリピンで食べたいが為に栽培しているのです。

今作は1ha。同じ時期に田植えをした普通のおコメより3週間くらい遅い10月下旬の収穫になりそうです。
収穫後、試食のための餅つきをして、12月に鏡餅など作る予定です。

1ha分、全部お餅にして販売したいのは山々ですが、どこにそんなマーケットがあるのやら…。

本日もお日柄良く…

田植えをしています。今年第2作目。
お隣さんは収穫間近。圃場が黄色いですね。

この圃場の今作は、収量の高い品種を選びました。
他の圃場で美味しい品種を作ります。

やっぱり農業生産は収量をまず考えなくてはなりません。
そこが一番売上に係るところだからです。
ただ、そこだけ求めると食味を疎かにしてしまいます。
食味が良くて収量が高い品種というのはありません。

ですので、バランスよく品種選定し、高収量品種と高食味品種を圃場を分けて生産しています。
今回の美味しい品種は芽が出てきたところです。


このおコメは病気に弱く、収量が低いのですが、炊きあがったときのおコメの香りが非常に良い品種です。もちろん、一般に売られているおコメよりも柔らかくもちもちしています。
この圃場は1月下旬の収穫予定。



収穫間近の圃場もあります。あと数日かな。